【FF14】学者の立ち回り方ID編【パッチ4.4版】

【FF14】学者の立ち回り方ID編【パッチ4.4版】

こんにちは!だいぞうです!

この記事ではFF14の学者でIDでの立ち回り方について書いています。

FF14で学者をやっているとIDはヒーラーが一人なので、他のロールのジョブでIDに参加でもしてみないとなかなかIDでの学者の立ち回り方ってわかりませんよね?

そこでお手本としておいらが学者でどんなことを意識してIDをプレイしているかを書いてみました!

この記事を読んであなたも自信をもってIDをプレイしてみてください!

ID開始時の学者の立ち回り方

まずはプロテスをPTメンバーにかけます!

ただ、初見さんなどがいてムービー中の場合はプロテスがかからないのでムービーを見終わってIDが開始してからプロテスをかけてください!

IDの道中での学者の立ち回り方【回復について】

フェアリー

状況に応じてエオスとセレネを使い分けます!

命令はセミオーダーで常時追尾でOKです!

おいらの場合は道中=セレネ、ボス戦=エオスって使い方をしてますが、PTメンバーの熟練度やIDのギミック次第で臨機応変に切り替えてます!

IDの道中の戦闘での回復

基本的にフェアリーにまかせてます!

道中の戦闘開始時にラウズや光の囁き、フェイユニオンなどで回復力を底上げします!

セレネを使ってるときはこのタイミングでフェイウインドも使います!

1グループ進行の場合はリキャストが間に合わないので1グループごとにラウズ、光の囁き、フェイユニオンを分けて使いましょう!

1つ目のグループでラウズを使ったら、2つ目のグループではフェイユニオンを使うといった具合です!

まとめ進行の場合はラウズ、光の囁き、フェイユニオンをまとめて使って安定させます!

デバフ

どんどん目に見えてHPが減っていくなど致命的なのはエスナで即座に消しましょう!

デバフによっては放置しても良かったりしますがそこは経験して覚えましょう!

フェアリーだけでは回復が間に合わないとき

タンクの装備や熟練度によってはフェアリーだけでは回復が間に合わない場合やDPSが被弾した場合は臨機応変にフィジクなどで回復しましょう!

ちなみにアシストターゲットを利用するとモンスターからタンク、タンクからモンスターへのターゲットの切り替えが楽なのでぜひ利用しましょう!

おいらはパッドのR3ボタンに設定してます!

IDの道中での学者の立ち回り方【攻撃について】

上記の通り基本的に回復はフェアリーに任せてしまうので学者本体はひたすら攻撃します!

IDの道中で敵が3体以上のときのスキル回し

ミアズマ→バイオラ→シャドウフレア→ベイン→ミアズラ→エナジードレイン→ミアズラ→ミアズラ→エナジードレイン→ミアズラ連打!→敵の数が2体以下になったら魔炎法連打!

ミアズラの消費MPが大きいので残りMPには気を付けよう!

MPがカツカツになって万が一の時回復できなくて全滅しないように!

ロールアクションのルーシッドドリームを計画的に使いましょう!

IDの道中で敵が2体以下のときのスキル回し

ミアズマ→バイオラ→シャドウフレア→ベイン→魔炎法→エナジードレイン→魔炎法→エナジードレイン→魔炎法連打!

エーテルフロー

基本的にすべて攻撃に回します!

もちろんタンクのHPの減り具合に応じて生命活性法を差し込むことも念頭に入れておきましょう!

リキャストの関係で1グループにつき3フローずつ使っていきます!

とにかく開幕ベインができるように!

エナジードレイン

残りHPが多いモンスターに当てるようにするとPTDPS的に良いと思う!

ちゃっかりMPも回復します!

シャドウフレア

<t>マクロ化しておくとグラウンドターゲットを指定する手間が省けるので使いやすくなります!

マクロ化してる場合 モンスターの配置によってはタンクや自分をターゲットに指定して使ってもいいです!

IDのボス戦での学者の立ち回り方【回復について】

ボス戦での回復について!

フォーカスターゲット

まずボスの詠唱を見逃さないためにボス戦時にはボスをフォーカスターゲットすることを癖にしましょう!

詠唱をみてボスの次の攻撃の種類(単体、範囲、全体など)を事前に把握することが大切です!

フェアリー

ボスの攻撃の種類やギミックに応じてエオスとセレネを使い分けましょう!

全体攻撃があればエオス、全体攻撃がなければセレネって感じでいいと思います!

命令はセミオーダーでボスによって追尾と、移動での固定を使い分けます!

フェアリーの位置を固定した場合の注意点ですが、ボスの攻撃やギミックにノックバックがある場合ノックバックされたあとに元の位置に移動させなおす必要があるのでその場合は追尾させたほうが楽だと思います!

エーテルフロー

回復のために温存します!

余るようならエナジードレインで使っちゃいます!

ボスからタンクへのオートアタック

フェアリーの自動光の癒しで回復します!

自動光の癒しは一定範囲内のPTメンバーのHPが8割以下になったときに発動します!

なのでタンク以外のPTメンバーのHPが80%以上でフェアリーの自動癒しの索敵範囲内にタンクがいれば、タンクのHPが80%以下になったら自動でタンクのHPを回復してくれます!

ボスからタンクへの詠唱付きの強い単体攻撃

着弾前に鼓舞激励の策でバリアを張って被ダメージを軽減しましょう!

しかし、詠唱が速すぎて詠唱を見てからだとバリアが間に合わない攻撃も少なくないのでその場合はダメージの発生の直後に回復が入るように鼓舞激励の策を詠唱しましょう!

オートアタックをバリアが軽減してくれるのでバリアが残ってる間にフェアリーが回復してくれます!

ボスからの全体攻撃

経験上30秒以内に次の全体攻撃がくることが多いので基本は事前に士気高揚の策(バリア)→全体攻撃被弾→士気高揚の策(バリアと回復)→全体攻撃被弾→士気高揚の策(バリアと回復)・・・と繰り返していけばいいです!

事前に士気高揚の策でバリアを張れなかった場合は最初の全体攻撃を受けた直後に回復しきれないので応急戦術+士気高揚の策か不撓不屈の策、光の囁きなどでリカバリーしときましょう!

全体攻撃の間隔が20秒以上の場合は応急戦術のリキャスト(20秒)が間に合うので応急戦術+士気高揚の策でバリアを張らないで回復していくのもありです!

不撓不屈の策と光の囁きは特定のギミック、もしくは保険のために温存していることが多いです!

自身の範囲ヒールの範囲内にPTメンバーが収まる立ち位置を意識しましょう!

囁きを使う場合はフェアリー中心範囲になるのでフェアリーの位置も意識します!

基本的にはボスの少し後ろにいればいいと思います!

DPSの被弾について

ランタゲ攻撃や範囲攻撃などでDPSが被弾した場合はフィジクや生命活性法で回復してあげましょう!

DPSの回復はフェアリーに頼らず学者が即座に回復することが大切です!

理由は本来受けないダメージを受けた直後に全体攻撃などで被弾するとそのまま戦闘不能になってしまう場合があるので即座に生命活性法などを差し込んだほうがDPSの生存率が上がるからです。

IDのボス戦での学者の立ち回り方【攻撃について】

基本の仕事は回復になりますが、攻撃する余裕も結構あるとは思います!

手が空いてるときはガンガン攻撃しましょう!

基本のスキル回し

ミアズマ→バイオラ→シャドウフレア→魔炎法連打!

ミアズマが消えたら最初に戻る!

範囲を避けるときなど移動時はルインラを撃つ!

フローが余ってエナジードレインを撃つときはルインラ→エナジードレイン!

まとめ

  • 道中はフェアリーに回復を任せてガンガン攻撃する!
  • ラウズやフェイユニオンを有効活用してね!
  • ボスは回復メインで手が空いたらガンガン攻撃する!
  • バリアヒラはちょっと回復に癖があるから気を付けてね!

以上おいらが普段意識している学者のIDでの立ち回り方をまとめてみました!

少しでも参考になれば幸いです!

おしまい!